今年も6日間のHALE to KE広島〜福山の旅が終わりました。

今回はリーデンローズでの公演、一時はどうなることかと思いましたが、たくさんの方々の尽力のおかげで、大盛況のうちに終わることができました。主催者として一手に引き受けてくれた桑田昇くんには感謝感謝です。
彼の骨折りには本当に感謝をしてもしきれないくらい。

打ち上げの居酒屋さんの外で、感極まって男泣きをしていたことはナイショです。

今回のために集まってくれたスタッフさん達も、とても気さくで親切な人たちばかりでした。みなさん口を揃えて、「彼の人徳によるものだ、あいつの頼みだから来た」と。照明、音響に関しても、「すごい人が今回の舞台に関わってくれた」とは、いつもお世話になっている音響のe-level社長井上さんの談です。

企画制作者、音響、照明、スタッフ、演者が一体となってこそいい舞台ができる、ということが今回のリーデンローズで改めて実感するところでした。

来て良かった、と言っていただけるように、日々の積み重ねを大切に。

関わってくださった皆様、本当にありがとうございました。
Img_774807d2cb20b33e7b9fd25e0e593c9b

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする